Trends in Japan Banking ~ 日本の金融業界の新たなトレンド ~

日本の金融業界のテクノロジーは、世界で後れを取っているのか?

アジア太平洋地域(APAC)のフィンテックハブ間の競争が白熱し、最近では多くの国で最新のテクノロジーを銀行内導入する状況になってきています。しかし、この白熱した各国による競争の中で、EYが発表したFinTech Adoption Index 2017では、他のAPAC諸国と比較して日本は遅れを取っていると報告されました。

これにより日本国内では、金融とITをミックスしたフィンテックを受け入れて、世界を牽引するためのイニシアティブが最近急増しています。こうした取り組みの中には、2020年の東京オリンピックを念頭に置いたものもあり、日本の先見性を強調する意図が見られます。


日本初の暗号通貨 であるJコイン

今年の初めに日本ではビットコインが合法化され、2020年のオリンピックを前にみずほファイナンシャルグループがJコインの立ち上げを支える銀行の1つになった。

みずほファイナンシャルグループが率いる日本の銀行グループは、新しい通貨を利用して手数料なしの送金と電子支払いを提供しようとしている。これはAlibaba Group HoldingやAppleなどの国際的な大手テクノロジー会社が提供する電子決済サービスとの競争が激化していることを踏まえたものである。

Jコインは、ユーザーの支出および送金記録を他の関連情報とともに蓄積するため、企業が大きなデータによって利益を得ることになる。このデータは、匿名で銀行とスポンサー企業の間で共有されるため、マーケティングや価格戦略を強化し、改善することを可能にするとみられています。

ローンチ準備の初期段階にあるJコインだが、円に固定されていることが確認されているため、ユーザーはモバイルアプリケーションでそれを使うことができる。これは、日本の人口を現金の使用から奪い取ろうとしている。

現金は日本国内の大部分の支払いで使用され、硬貨や紙幣で取引される取引の80%が他の先進国ではキャッシュレス決済の50%を超えている。

日本は、今後10年間で電子決済の利用率を20%から40%に倍増させることを目指している。 「自分の都合に良いバンキング」のサービス。この傾向は、モバイルバンキングアプリケーションによって照合されたデータから顧客の行動をより詳細に把握することを可能にし、消費者だけでなく金融機関にも同様の利点があります。


金融業界で活用され始める生体認証システム

身元確認のために使用できる指紋や音声などを使用する生体認証は、通常のパスワードの必要性を取り除くことで、クレジットカードなど金融分野で活用できる見込みがある。

これに対する日本の関心は、銀行などの分野で生体認証の仕組みを革新し、統合するという政府のコミットメントによって促進されてきました。

手のひら静脈認証は、血管パターンを個人識別データとして使用する富士通によって開発された世界で初の非接触技術である。銀行大手の一つである東京三菱銀行は、富士通の手のひら静脈認証システムを使用して、身元認証と資金送金の費用効果が高く、安全なソリューションを既に提供しています。

手のひら静脈技術のセキュリティ強化の特性に感銘を受けた様々な企業が、個人情報や企業の機密情報などをより安全に保存ための改善として2025年までに一般化していくと予想されています。

現金主義の国では、生体認証を使って身分証明を選択した顧客に対する現金引き出し金額の引き上げや、銀行手数料の引き下げなどを採用した一般化に向けた促進をしています。実質的にも、PINコードと生体認証を組み合わせたマルチファクター認証により、安全性は更に強化されることが証明されています。

三井住友ファイナンシャルグループでは、手のひら静脈認証システムの革新も進めており、消費者の指紋や音声によるオンライン決済が可能となることによる、ユーザー名やパスワード作成や管理などが簡易化されます。

されて市場の地位を維持するために機密情報や組織のデータを確保する必要性が高まっていることから、2025年までの間にかなりのペースで成長する可能性があります。

現金重視の国などでは、生体認証の使用を選択した顧客の毎日の現金引き出し金額の引き上げと銀行手数料の引き下げにより、その使用を促進しています。生体認証を銀行口座の認証に織り込むことで、知識(例えば、PIN)、所持(例えばトークン)、および継承(生体認証データ)といったマルチファクター認証により、セキュリティがさらに強化される。

手のひら静脈生体認証と同様に、生体認証認証システムの革新も進めており、消費者の指紋や音声によるオンライン決済が可能となり、ユーザー名とパスワードの作成と管理にかかる労力が軽減されます。日本の大手三井住友フィナンシャルグループは、この技術を金融機関やeコマース企業に浸透させるためにアイルランドの生体認証企業「Daon」と合弁事業を組んだ。


日本市場の今後の動向

銀行分野をより技術的に精通するため、努力に拍車をかけながら、新たなデジタル時代に予測されるネットワークやアプリケーション障害、サイバー攻撃、またはセキュリティ関連で出てくるリスクの対策が重要になってくる。

いくつかの日本の大手銀行は、東京をはじめとするいくつかの都市で最近開始された電子決済サービスの危険性について、政府と規制当局に対してロビー活動を行っている。これは、日本の消費者データが潜在的に技術巨人に売却される可能性があるという議論に基づいており、消費者がデータを秘密にしておかず、代わりに他の動機に使うことを知らされなければ倫理的な影響をもたらす可能性がある。

銀行が匿名でカバーすることができたにもかかわらず、銀行がJコインに支出および送金記録などのユーザーの情報を蓄積して共有する方法についても多くの議論がありました。

これらの懸念が引き続き流れている間、日本の銀行はプライバシーとセキュリティプロトコルを国民に保証する必要があり、堅牢で巧みなサイバーセキュリティチームを十分に備えている場合にのみ可能です。

現在、日本は暗号化通信やサイバーセキュリティなどの新技術の才能に欠けている。したがって、市場で入手できる最高の人材を募集したい場合、組織は雇用を開始する必要があります。



金融業界の最新情報、採用に関するアドバイス、最新の転職機会についてはこちらよりご連絡お待ちしております。また、LinkedInでHuxleyをフォローして業界の最新情報をご確認下さい。

フィンテックが世界に与えるインパクトとは?

06 11 2019

フィンテックを活用して様々なことをスムーズに行える世界は、もはや未来ではなく現実となりつつあります。本記事ではフィンテックが世界に与えるポジティブな影響についてご紹介します。

フィンテック分野で働くべき5つの理由

05 11 2019

日々革新的な技術が生まれ、成長を続けるフィンテック領域。本記事ではフィンテックでのキャリアを築くべき5つの理由をご紹介します。

SThreeが日本人材ニュースに掲載されています

29 8 2019

日本人材ニュースが選ぶ「人材コンサルティング会社&サービスガイド100選」に、Computer Futuresを展開するSThreeが掲載されています。

クールビズが苦手な日本人

13 8 2019

連日35℃近い酷暑が続く日本。このような災害級の気候の中、スーツを着こんで満員電車で毎日通勤しなくてはならないのは、多くの人にとって大きなストレスでしょう。