書類選考を突破するレジュメの書き方

採用担当者があなたのレジュメに費やす時間が「10秒」という事実を聞くと、レジュメをより慎重に作成しなければと思いませんか?

他の候補者より際立つためにも、どうやって企業が抱えている課題をあなたが解決することができるのか証明することが重要です。書類選考をパスして無事に面接まで辿り着けるよう、役に立つ情報を下記にまとめました。

 

共通点を見つける

自分がこの企業の採用担当者だったら、どのようなスキルと経験を持った人を採用したいのか考えてみると、最善の方法を見つけることができるでしょう。そのためには、まず企業について調べて、強み、働き方、現在の課題等を知ることでよりスムーズに逆算できるようになるでしょう。

例えば企業が売り上げを増加するために求人をだしているのか、プロジェクトの期限を守ることができる人をさが探しているのか。企業が探し求めているスキルや経験と自分のスキルや経験がマッチしている内容を、レジュメのサマリー欄に記入することで採用担当者の目を釘付けにすることができます。今まで達成したことの具体的な数字なども含めるとより効果的です。

 

集中する

企業について調べ上げた情報をもとに、採用担当者がどのようなスキルと経験を求めているのか頭の片隅に入れておきましょう。

ボールドフォントのような基本的な機能を使ってレジュメ内の重要な言葉を強調するのも効果的にアピールする方法のひとつです。

10秒間の間に面接にまで辿り着けるか決まってしまいます、なので伝えたい情報を明確にしましょう。

 

簡潔にする

雇用管理者にとって、長くて要点のまとまっていないレジュメは、ほとんどの部分を読んでもらえない可能性があります。必要な情報を伝えるためには、1ページまたは2ページで十分です。経験にもよりますが、長くても3ページが一般的です。

 

ビジネスマナーを守る

あなたのレジュメを目立たせるようなデザインや見た目は避けましょう。その代わりに、採用担当者の目を引く経験とスキルを載せましょう。レジュメを見たときにあなたの連絡先情報などがすぐに見つけられるようにして、怪しげなメールアドレス等は避けましょう。

 

裏付ける事実やデータを提示する

採用担当者は何回も「営業利益に貢献できる」というような決めゼリフを聞いたことがあります。同じことを言うのではなく、今までの成果などを踏まえてあなたのモチベーションを伝えましょう。

 

ユニークに

プレゼンスキルや公の場でのスピーチなどのいわゆる「ソフト」スキルは、採用担当者にとって魅力的なスキルのひとつです。関連のある内容で過去に行ったことがある場合はその経験も含めましょう。

レジュメを書く際の焦点は常にあなたのスキルと経験に当てるべきですが、もしあなたの人格がわかるようなことが仕事外のことであれば、書いても大丈夫です。また、読書やジョギングなどの一般的な趣味を載せるのは避けましょう。マラソン、障害物レース、サイクリングなどの仕事場以外での趣味を挙げられると好ましいでしょう。

 

詳細に注意を払う

最後に、文法やスペルなどのケアレスミスがないように第三者にチェックしてもらいましょう。

採用担当者が書類選考の10秒間でケアレスミスなどを発見してしまうと、せっかくあなたが時間を割いて編集したレジュメが台無しになってしまいます。転職の第一関門である書類選考を突破するためにも以上の項目を踏まえてレジュメを完成させましょう。


Huxleyについ

世界16カ国を拠点とするハクスリーでは、グローバル網を駆使して外資系企業から日系グローバル企業、日本に進出を試みているユニコーン企業やスタートアップまで、日本のスペシャリストのキャリアゴール達成をサポートする非公開ハイクラス求人を紹介しています。

30年以上の経験と世界最大級の人材データベースを活用しながら金融業界の戦略的パートナーとして、企業の成長に貢献できる人材を紹介します。各コンサルタントが担当する業界の専門知識を理解しているため、より密接に企業様と働くことができ、各企業の希望に沿ったリクルートソリューションをお届けすることができます。

転職をお考えの方、最新の業界情報、非公開求人、レジュメの書き方などについてはこちらよりご連絡ください。

企業の採用担当の方、企業の成長のために優れたグローバル人材をお探しですか? こちらよりご連絡お待ちしております。

【採用に関するお問い合わせ】

Huxley

電話:03-4520-4040

メール:[email protected]

フィンテックが世界に与えるインパクトとは?

06 11 2019

フィンテックを活用して様々なことをスムーズに行える世界は、もはや未来ではなく現実となりつつあります。本記事ではフィンテックが世界に与えるポジティブな影響についてご紹介します。

フィンテック分野で働くべき5つの理由

05 11 2019

日々革新的な技術が生まれ、成長を続けるフィンテック領域。本記事ではフィンテックでのキャリアを築くべき5つの理由をご紹介します。

SThreeが日本人材ニュースに掲載されています

29 8 2019

日本人材ニュースが選ぶ「人材コンサルティング会社&サービスガイド100選」に、Computer Futuresを展開するSThreeが掲載されています。

クールビズが苦手な日本人

13 8 2019

連日35℃近い酷暑が続く日本。このような災害級の気候の中、スーツを着こんで満員電車で毎日通勤しなくてはならないのは、多くの人にとって大きなストレスでしょう。